安倍総理「黄色い羽」の意味

テレビを見ていると安倍総理が「黄色い羽」をしていました。

募金?それとも、、、。

「黄色い羽」にはどのようなメッセージ性があるのでしょうか?

調べてみたところ、ちゃんと意味がありました。

安倍首相の黄色い羽(社会を明るくする運動)


スポンサーリンク


7月は社会を明るくする運動の月

総務省のホームページによると、7月は社会を明るくする運動の月とのことです。

すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動とのことらしい。

今年で67回目を迎えるそうです。

更生への理解というのはなかなかに難しいものですが犯罪のない地域社会を作る上では必要なのかもしれませんね。

総務省のホームページの説明が今ひとつな感じですが、ようするに社会が犯罪を犯した人が更生した場合に受け入れないと孤立し、再び犯罪に走ってしまう可能性が高くなってしまうということなのでしょう。

 

社会を明るくする運動のシンボルが安倍総理がしていた黄色い羽

そして、社会を明るくする運動のシンボルマークが安倍総理がしていた黄色い羽ということのようです。

安倍総理が自ら、黄色い羽をして犯罪のない社会を目指しましょうということを意思表示しているようです。でも、それだったら何か説明してくれてもいいのかな?とも思います。

私も調べるまでさっぱり分かりませんでした。

 

安倍総理がしていた黄色い羽の意味は?

社会を明るくする運動のシンボルマークが黄色い羽ということは分かりました。

では、この黄色い羽の意味はなんなのでしょう?

何かメッセージがこめられているのでしょうか?

ざっと、いくつかのホームページを見た感じでは、、、

「おかえり」という意味合いかな?と思いました。

おかえりに込められた想い(外部サイト)

黄色は幸せの象徴みたいな色ですし、羽は善意の象徴という感じもします。

だから黄色い羽にしたのかな?と勝手に想像しています。

私は正直なところ、更生への理解には自信が全くありませんが、少しずつでも理解していきたいと思います。


スポンサーリンク